和光物産のSDGsへの取り組み

SDGs(Susutainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された『持続可能な開発のための2030アジェンダ』に掲載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際的な目標であり、17の目標とそれを達成するための169のターゲットで構成されています。当社は創業以来、関わりをもっていただいた皆様への感謝を忘れず、インフラをサポートする製品の開発・販売で社会貢献に努めてまいりました。今後はさらに『環境・資源対策』、『人材育成』、『就労環境』のSDGs方針を策定し、その実現を目指します。

『環境・資源対策』

地球温暖化の原因となる温室効果ガスの排出量削減や資源のリサイクル、紙媒体のデジタル化を通じ環境負荷低減を目指します。

  • 営業車をハイブリッド車、EV車へ入れ替えCO2の排出量削減。
  • ペーパーレス化と裏紙活用を徹底し、廃棄物削減。

『人材育成』

すべての人に平等な環境づくりと、従業員が働きがいを感じられる職場環境づくりを目指します。

  • 将来の担い手に向けた勉強会と社員の資格取得支援。
  • 女性雇用を促進し、業界・分野にとらわれない職場環境づくり。

『就労環境』

多様な働き方に応じた環境を整備し、生産性の向上と働きやすい環境づくりを目指します。

  • テレワーク導入により働き方の自由度の向上
  • 育児休暇取得推進及び職場復帰制度の拡充
  • 働き方改革のためのタブレット端末の導入